歌舞伎・ミュージカル好きなhirocatの「観劇記」。そして「日々の感激話」などなど
by ville202hirocat
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
日々の出来事
歌舞伎
ミュージカル
映画
韓国ドラマ
お気に入りくんたち
テレビ・本・舞台
Music

ネイル
ボーカル
スポーツ
ましゃ(福山雅治)
手作り(ビーズetc.)
グルメ
野球
義経
オリンピック
フォロー中のブログ
ええねん日記
クニャン カジャ~♪
夕暮れの匂いに空を見上げる
BARNES & NOBLE
ゆらくてぃぶな日々
イルカが愛を確かめにくる...
愛とは理由を言えないもの・・・
BOOZER FROM ...
mojojoのおくつろぎ
happy days
帰ってきた雑ぴん愚日記
あかね雲
H.déco
いつか会いたい!!!
げんきまんま
博多座十月『錦秋花形歌舞...
Link
綴り箱のかたすみに
韓ドラ日記
韓ドラのたまり場
雲のゆくえ
歌とか言葉とか
おいらかLIFE〜気分も新たに〜
ぼちぼち日記
Dance with Park Gun Hyung
みかん星人の幻覚
*芒果布甸日記*
Singin' in the Rain
ミュージカル観劇記録

歌舞伎美人
歌舞伎on the web
博多座
劇団四季
ましゃまろ出版社

<好きなもの>
歌舞伎
ミュージカル

福山雅治

片岡愛之助
市川海老蔵

大泉洋

CNBLUE
Rain
MBLAQ
パク・コニョン
チョ・スンウ
etc.

ボーカルレッスン
スポーツクラブ通い
韓国語のお勉強
以前の記事
2014年 08月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

【新春浅草歌舞伎 第一部】浅草公会堂

b0013005_0501491.jpg←羽子板。よく出来てたわ〜。

第一部は2回観ました。
18(月)11:00 1階か列花道横
20(水)11:00 1階え列下手寄り

当初は18日のみでしたが、20日を追加したのには訳あって。【お年玉<年始ご挨拶>】が愛之助さんだったんだもーん。
そりゃ追加するでしょ?ねっ(≧▽≦)*

18日は男女蔵さん。浅草ではもうお馴染み(らしい)「オメッティ」コールで和気藹々です。
(「オメッティ、オメッティ〜」って「ハッスル、ハッスル」の調子と振りで言うだけですが(^^;))

そして、20日は愛之助さ〜ん☆
口上で始まったと思ったら、すぐにマイクを持って立ち上がり、普通にトークの始まりです!!
皆さんそれぞれに個性豊かなご挨拶ですね〜(*^_^*)
「僕に質問のある方〜」との問いにほんの数名が挙手をし・・・。ハイっ、私も一応「ここに居ますよ、私」とアピールするかのように手を挙げましたわっ(笑)
でも、元気よくフライング気味に挙げた方が当てられました。私の数席横くらいだったので、客席に降りてきた愛之助さんがお近くに〜!!!ラッキー☆
その時に「いつも思うのですが、この質問コーナーって僕のファンじゃない方にとっては退屈な時間ですよねぇ。すみません」などと謝ってらっしゃいましたo(≧▽≦)o
質問は『今後やってみたいお役は何ですか?』というもの。ナイスな質問ですね。ちなみに私は質問を考えてませんでした・・(笑)
やってみたいお役は『吉田屋の伊左衛門』でした!!
いやぁ、いいねぇ、愛之助さんの伊左衛門、観てみた〜い。




お年玉〈年始ご挨拶〉

【正札附根元草摺】
曽我五郎:亀治郎  小林朝比奈:勘太郎

亀治郎さんのむき身の隈取りが観られるなんて〜と思いながら観劇。
父の仇を討とうとする五郎が亀治郎さんで、それを押し留めようとする朝比奈を勘太郎さんなんて、なんだか逆のような気がするけどね。
朝比奈の化粧も猿みたいで面白いし(いや、亀ちゃんのほうが猿にふさわしいなんて言ってるわけじゃないが(笑)
朝比奈は「男姿で女の身振りをする」=「悪身」という技法で踊る・・と書いてありますが、ほら〜、やっぱり亀ちゃんっぽくないですか?!
勘太郎さんは朝比奈をやりたかったそうですが。

そんな見方をしていた一幕でした。

【元禄忠臣蔵】御浜御殿綱豊卿
徳川綱豊卿:愛之助  中臈お喜世:七之助  祐筆江島:亀鶴  新井勘解由:男女蔵  富森助右衛門:亀治郎

愛之助さんの綱豊卿。仁左衛門さんの当たり役ですからねぇ。とても観たかった演目です。
対する助右衛門は亀治郎さん。見終わった感想としては、正直、亀治郎さんに持って行かれたかも・・という感じでした(^^;)
ストレートに感情をぶつける亀治郎さんに押され気味(見てる私が)。
なんだか亀治郎さんの熱演にやられたって感じです。
(っていうか、ちょっと強すぎないかい?って思っちゃった(^^;))

さて、話が前後しましたが、最初の場面から書くと・・。
浜遊びに興じるデレデレな愛之助さんの登場!!思わず私までニヤけます(*^_^*)
綱豊がお喜世に「お前だけはいつまでも町娘のようにウキウキとしていてくれ」という台詞では、一緒に観た友達のキヨちゃんが1人興奮していました(笑)

江島@亀鶴さんはよかったねぇ。落ち着いてて貫禄があって立派で、こういう女形もイイ!!
亀鶴さんのファンになったよ!!
お局様がお喜世をギロっと睨んでいくのには大笑い。

勘解由@男女蔵さんと語る場面を経て。(えっ?このシーンの感想は?・・・苦笑)
助右衛門が綱豊のところに連れて行かれるシーンで、固辞するために酔ったふりをしたりどもったり、さすがに亀治郎さんはウマイです。

そして、綱豊卿と助右衛門の対面シーン。
お殿様の愛之助さんに対し、赤穂浪士の1人である助右衛門(亀治郎さん)では、愛之助さんのほうが器の大きな人物で助右衛門がぶつかっていく感じだと思うのだけど、なんだか亀治郎さんがお殿様を怖がってない気がしてイマイチ...。
愛之助さんは精一杯やってる感じがアリアリとして、亀治郎さんにはわざとらしく演じるような余裕が感じられたからかな?
ちょっと辛口な意見でごめんなさい。今後に期待だわ〜。
そうは言っても、二人のやりとりには迫力があり、特に敷居を越えてからの面と向かってのやりとりには、こちらも力が入りました!!素晴らしい。

その後、助右衛門を止めようとすがりつくお喜世がずるずると引っ張られていくシーンでは、気を取り直して笑えました。亀治郎さんが七之助くんを引きずっていくのですが、七之助くんのほうが大きいので亀治郎さんも一苦労な感じ(*^_^*)

ラストの「能舞台の背面」 では「二枚扇の獅子頭」の拵えになって愛之助さん登場。
美しいです。そして、頭を振ったときに鳴る鈴の音が可愛いです(笑)

最後にかかった大向こうの声にはちょっと笑えました。
幕切れ前、能舞台へ向かう愛之助さんに対して「叔父さんにそっくり!!」と声がかかりました。
いやぁ、たしかにそっくりですが、うっとりしていたそのタイミングでは反則ですよ(^^;)
苦笑いしちゃったじゃないですかぁ。

【忍夜恋曲者】将 門
傾城如月実は滝夜叉姫:七之助  大宅太郎光圀:勘太郎

蝋燭の火に浮かび上がる七之助くんの滝夜叉姫の妖艶な美しさに釘付け。飽きることなく(コラっ)最後まで見つめてました。

この演目ね、何が印象に残るって、最後にガマガエルが出てくるところですよ。
も〜、それだけしか思い出されません(^^;)
ガマガエルがもそもそ動く姿がなんだか笑えます。
最後に屋根の上で、滝夜叉姫とガマガエルと光圀が並んで幕切れです。

今回は、浅草の「将門」でガマガエルが出てきて、新橋の「伊達の十役」では仁木弾正の大鼠が出てくるし。
なんだかそんなんばっかり頭に残ってます(笑)


浅草では、普段の観劇以外にも楽しいことがたくさんありましたね。
イヤホンガイド企画や羽子板企画などあったり、舞台写真の他にチラシール(チラシのシール)やポストカード、ブロマイドが売っていたり。(いっぱい買ってきたよ・・)
やはりワクワクさせる浅草歌舞伎ですね〜。あぁ、毎年行きたい・・。
[PR]
by ville202hirocat | 2010-01-26 01:14 | 歌舞伎