歌舞伎・ミュージカル好きなhirocatの「観劇記」。そして「日々の感激話」などなど
by ville202hirocat
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
日々の出来事
歌舞伎
ミュージカル
映画
韓国ドラマ
お気に入りくんたち
テレビ・本・舞台
Music

ネイル
ボーカル
スポーツ
ましゃ(福山雅治)
手作り(ビーズetc.)
グルメ
野球
義経
オリンピック
フォロー中のブログ
ええねん日記
クニャン カジャ~♪
夕暮れの匂いに空を見上げる
BARNES & NOBLE
ゆらくてぃぶな日々
イルカが愛を確かめにくる...
愛とは理由を言えないもの・・・
BOOZER FROM ...
mojojoのおくつろぎ
happy days
帰ってきた雑ぴん愚日記
あかね雲
H.déco
いつか会いたい!!!
げんきまんま
博多座十月『錦秋花形歌舞...
Link
綴り箱のかたすみに
韓ドラ日記
韓ドラのたまり場
雲のゆくえ
歌とか言葉とか
おいらかLIFE〜気分も新たに〜
ぼちぼち日記
Dance with Park Gun Hyung
みかん星人の幻覚
*芒果布甸日記*
Singin' in the Rain
ミュージカル観劇記録

歌舞伎美人
歌舞伎on the web
博多座
劇団四季
ましゃまろ出版社

<好きなもの>
歌舞伎
ミュージカル

福山雅治

片岡愛之助
市川海老蔵

大泉洋

CNBLUE
Rain
MBLAQ
パク・コニョン
チョ・スンウ
etc.

ボーカルレッスン
スポーツクラブ通い
韓国語のお勉強
以前の記事
2014年 08月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

【義経千本桜】博多座夜の部

昨日、博多座夜の部『義経千本桜』を見てきました。
今月は歌舞伎月間ですので、博多座の前をわけもなく通ってはニンマリしてたのですが、今日に限って開演ギリギリに入ってしまい、博多座前に飾られた玉三郎さんの等身大(?!)パネルも拝めず。。あぁ、私としたことが。
歌舞伎を見るときって優雅にちょっと気取ったくらいで行きたいのに・・

私って獅童さんは見たことあるんだっけ?
たぶんあると思うのだけど、あんまり印象にない?!





今日は久々の3階席からの観劇。(なんでって? えっと・・私、澤潟屋さん一門はなぜか苦手なんです。ごめんなさい)
宙乗りもあったし、3階席もまた楽し。

今年話題の「義経」です。源平です。うれしいですねぇ。
【序幕】堀川御所の場 、同塀外の場
猿弥さん@弁慶の「芋洗い」・・・びっくりです。敵の首を引っこ抜いては投げて・・キャーっ凄惨なんです。。でも楽しいんです(笑)まるで玉入れのように「あっ、入らなかったんですけど...」みたいな。歌舞伎の演出って本当に大げさでおもしろいなぁ(?!)

【二幕目】吉野山の場
待ってました、玉三郎さんと獅童さん!! って感じでしょうか?
玉三郎さん@静御前が舞台正面から出てこられたときは、その衣装の美しさに玉三郎さんのオーラに、舞台が一瞬にして明るく華やかになった感じ。きれいやねぇ。。
舞台は桜の花でいっぱいなんですが、義太夫の方々も桜色の衣装でした。こういうところが歌舞伎の好きなところでもあるんですよねぇ。
獅童さん@佐藤忠信(実は源九郎狐)は・・う〜ん、玉三郎さんに比べて、なんだかまだまだ薄い、細い...という印象。顔も声も悪くはないんだけどねぇ。

【大詰】川連法眼館の場 『四の切』
右近さん@佐藤忠信(実は源九郎狐)登場!!
・・右近さんって何言ってるかわからないんだよねぇ、私。抑揚があるっていうかなんていうか、必死で聞いても聞き取れず。いつものことながら、今日もダメでした。
しかしながら、この『四の切』は見所がたくさんあるので片時も目が離せません。階段から飛び出てきたり、えっ?そんなとこから入る?そこから出てくる?という具合に右近さんが狐姿で奮闘します。また、早替わりもあり、観客を楽しませてくれます。
そして最後は宙乗りね。

右近さんの言葉は残念でしたが、狐らしい仕草はかわいらしく、親(鼓)を愛おしく想う感じは伝わってきて、とてもよかった。親(鼓)との別れを悲しみ、義経から鼓をもらうと大喜びし、その感情表現もはっきりしていてグッときたなぁ。
宙乗りでの狐六法の右近さんをまじかで見ると汗びっしょりで、「大役、ご苦労様」と思ちゃった。
玉三郎さんを食っちゃった右近さんですね。(役柄ですが・・笑)
[PR]
by ville202hirocat | 2005-09-08 23:11 | 歌舞伎