歌舞伎・ミュージカル好きなhirocatの「観劇記」。そして「日々の感激話」などなど
by ville202hirocat
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
日々の出来事
歌舞伎
ミュージカル
映画
韓国ドラマ
お気に入りくんたち
テレビ・本・舞台
Music

ネイル
ボーカル
スポーツ
ましゃ(福山雅治)
手作り(ビーズetc.)
グルメ
野球
義経
オリンピック
フォロー中のブログ
ええねん日記
クニャン カジャ~♪
夕暮れの匂いに空を見上げる
BARNES & NOBLE
ゆらくてぃぶな日々
イルカが愛を確かめにくる...
愛とは理由を言えないもの・・・
BOOZER FROM ...
mojojoのおくつろぎ
happy days
帰ってきた雑ぴん愚日記
あかね雲
H.déco
いつか会いたい!!!
げんきまんま
博多座十月『錦秋花形歌舞...
Link
綴り箱のかたすみに
韓ドラ日記
韓ドラのたまり場
雲のゆくえ
歌とか言葉とか
おいらかLIFE〜気分も新たに〜
ぼちぼち日記
Dance with Park Gun Hyung
みかん星人の幻覚
*芒果布甸日記*
Singin' in the Rain
ミュージカル観劇記録

歌舞伎美人
歌舞伎on the web
博多座
劇団四季
ましゃまろ出版社

<好きなもの>
歌舞伎
ミュージカル

福山雅治

片岡愛之助
市川海老蔵

大泉洋

CNBLUE
Rain
MBLAQ
パク・コニョン
チョ・スンウ
etc.

ボーカルレッスン
スポーツクラブ通い
韓国語のお勉強
以前の記事
2014年 08月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
more...
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

中村勘三郎襲名披露【昼の部】

昼の部に行って参りました。大変な賑わいは相変わらず。
今日は早めに行って入り口付近にあった「入山招木」をじっくり見てきました。
(この間は人でごった返していたし時間がなくて見れなかったの)

木札にご贔屓連中の名前が書かれているのですが、勘三郎さんの交友関係が垣間みれてミーハーな私にとっては楽しいものでした〜♪
テレビ局に吉本興業、鶴瓶さんや江川卓さん、大竹しのぶさんもありました。
以前、平成中村座に行ったときに客席で見かけた「唐沢寿明&伊藤英明」(その当時、白い巨塔コンビ)もしっかりありました。
・・で、伊藤さんのほうが唐沢さんよりも目立つ上の位置にあったんですけど、いいんだろうか....と心配しちゃったりして。(だって唐沢さん、すねてそうじゃないですか?(笑)



【熊谷陣屋】
橋之助さん@熊谷次郎直実、やっぱり橋之助さんは太られましたよね。貫禄です!!
いつまでもすっきりとした二枚目役者さんと思ってましたが、もう中堅どころの役者さんだ。
「團十郎型」での上演が一般的だそうで、今回は「芝翫型」を取り入れた橋之助さん。
・・すみません、私は「團十郎型」で幸四郎さんの熊谷を見たことあるくせに違いを覚えてません。「芝翫型」のほうが豪快らしいのですが。
直実がジャンプして正座で着地するってのがあったのですが、たしかにその豪快さといったらびっくりでした。
“制札の見得”の違いはわかりました、イヤホンガイドにより・・(苦笑)
首実検のところあたりから、ウルウル来始めました。
橋之助さんが扇雀さん@相模を支え、何気なく手を添えた部分をオペラグラスで見てしまった時にゃ〜、涙がじわ〜っと出てしまった。
ラストの「16年が一昔 夢であったなぁ」の台詞でまたもやウルウル。
まさかここまで入り込むとは思ってなかったので自分でもびっくりしました。

最後に...勘太郎さん@義経は美しい御曹司ぶりでステキでした。

【連獅子】
中村屋の三人連獅子は2度目。他に高麗屋親子の連獅子を見たことがありますが、中村屋のは親の厳しさや愛情が感じられて見応えがあって好きです(単なる贔屓目ですね..3人だし(爆))
今日も目頭が熱くなりました。勘三郎さんの親獅子に対して、勘太郎さん七之助さんの子獅子が健気に一生懸命に芸を継承しようとする緊張感も感じられました。
最後の毛振りは七之助さんのこれでもか!!という雰囲気がちょっと笑えましたけど〜。
遍念(弥十郎さん)蓮念(市蔵さん)の間狂言もおもしろくて好きですね。

【人情噺文七元結】
これももう何回も見ていますが、何度見てもおもしろい!!
長兵衛に勘三郎さん、女房お兼に扇雀さんですよ。二人のやりとりはアドリブか?!と思うほどに息があって笑えます。ナイスだわ〜。
文七は勘太郎さんなので「大川端」の場では、勘三郎二人といった似た雰囲気でおもしろい。
「もう、いいんでございますよ」と言ってヨロヨロと川に身投げしようとする文七にはなぜか毎回笑わされます。
こういう人情話は人柄が役に出るような気がするので、勘三郎さんにはもってこいですよねぇ。さすがだなぁと思いました。


今回の襲名披露公演は、連日満員御礼のようです。売り上げは10億円を越すとか?!
いやいや、勘三郎さんの人気ってすごいんですねぇ。
私にとっての今公演は、「勘太郎さんファン」になった公演となりました。
彼、要チェックです!! 
[PR]
by ville202hirocat | 2006-06-21 18:51 | 歌舞伎