歌舞伎・ミュージカル好きなhirocatの「観劇記」。そして「日々の感激話」などなど
by ville202hirocat
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
日々の出来事
歌舞伎
ミュージカル
映画
韓国ドラマ
お気に入りくんたち
テレビ・本・舞台
Music

ネイル
ボーカル
スポーツ
ましゃ(福山雅治)
手作り(ビーズetc.)
グルメ
野球
義経
オリンピック
フォロー中のブログ
ええねん日記
クニャン カジャ~♪
夕暮れの匂いに空を見上げる
BARNES & NOBLE
ゆらくてぃぶな日々
イルカが愛を確かめにくる...
愛とは理由を言えないもの・・・
BOOZER FROM ...
mojojoのおくつろぎ
happy days
帰ってきた雑ぴん愚日記
あかね雲
H.déco
いつか会いたい!!!
げんきまんま
博多座十月『錦秋花形歌舞...
Link
綴り箱のかたすみに
韓ドラ日記
韓ドラのたまり場
雲のゆくえ
歌とか言葉とか
おいらかLIFE〜気分も新たに〜
ぼちぼち日記
Dance with Park Gun Hyung
みかん星人の幻覚
*芒果布甸日記*
Singin' in the Rain
ミュージカル観劇記録

歌舞伎美人
歌舞伎on the web
博多座
劇団四季
ましゃまろ出版社

<好きなもの>
歌舞伎
ミュージカル

福山雅治

片岡愛之助
市川海老蔵

大泉洋

CNBLUE
Rain
MBLAQ
パク・コニョン
チョ・スンウ
etc.

ボーカルレッスン
スポーツクラブ通い
韓国語のお勉強
以前の記事
2014年 08月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

韓国【ラ・マンチャの男】

行ってきましたよー『韓・動の韓流ミュージカルVol.2 ラ・マンチャの男』(맨 오브 라 만차)を観て参りました。
ドン・キホーテ:チョ・スンウ  アルドンサ:ユン・ゴンジュ です。

b0013005_1685265.jpg感想を早く書きたいのだけど...その前に。(←じらす私(笑))
なぜチョ・スンウは「ラマンチャ」をやりたいのだろ?と思ったのよ。
だって、ラマンチャと言えば、日本では松本幸四郎さんですよ。
27歳のスンウがなぜ? いくらラマンチャを観て舞台人になろうと思ったという思い入れの強い作品だとしても・・なぜ今なの?...とね。
・・で、行く前に2002年に観た幸四郎さんのラマンチャのパンフレットをじっくり読んだのですよ。
今回は字幕だから、ストーリーをもう一度よく頭に入れていこうとしたというのもありますが。
そしたら、幸四郎さんも初演当時は27歳だったと書いてあるじゃないですか!!!
それ以来ドンキホーテを素で演じられるほどの歳までやってきたと...。
なんだかすっきりした気分で(なんの答えにも解決にもなってないのだけど(^^;))観てこられたのでした。

思い入れの強い作品だからか、チョ・スンウssiはとても楽しそうで嬉しそうに演じているように思えました。
去年の「ジキル&ハイド」とはぜんぜん違いました。
ジキハイの時の衝撃はなかったのだけれど、私までワクワクな気分でした〜。




b0013005_164817.jpgまさかまたチョ・スンウが観られるなんてね〜♪ 思ってもみなかったけれど...。
今回は3列目のど真ん中だったんですよ。席がよかったからね...行くしかないでしょ!!(マイルを使って行ったしね〜(^_^)v)
視線をビシバシ送ってきました。スンウssiの視線も笑顔もバッチリ受け止めてきましたよ〜(*^▽^*)
もう〜、かっこいいったらありゃしない!!彼ってとてもイイ顔したかっこいい人なんですよ〜(←なんで強調するの?笑)

席が前すぎて横にある字幕は見るヒマなし。頭を動かさないと見られないんだもの、歌と演技に集中です!! ストーリーは頭に入れていったからヨシとしましょー(^^;) 韓国語聞き取りの練習ですね(^^;)
(実際、字幕も10分の1くらいしか訳されていなかったと思いますよ、たぶん。元々、劇中劇という難解なストーリーな上に韓国語ということで、ストーリーを知らない人にとってはチンプンカンプンだったんじゃないかなぁ。)

さて...。
まず、日本版とはぜんぜん受け止め方が違いました。「ラマンチャ」ってこんなに楽しいミュージカルだったっけ?って。
日本版ははっきり言っておもしろくなかった(汗) 幸四郎さんと、アルドンサが松たかこさんだったんだけど、なんだか痛々しかった記憶が...(汗)
きっと、チョ・スンウssiの演じてて嬉しい〜という思いが伝わってきたからでしょうね。本当に楽しい舞台でした。
ふんだんに日本語を使ってくれて「おー、神様」とか言ってくれるからでしょうか?笑いもあるしね。(アルドンサが「アルドンチャ」になるのも...フフっかわいい)
まず、かっこいいチョ・スンウssiがおじいさんのような歩き方で歩くだけで、笑いが出てましたし〜。
私の後ろに韓国人の学生さんと思われる5人が座っていたのですが、盛り上がり方がすごかったです!!笑いも拍手も、カテコでの歓声もすごい!!
おかげで私も盛り上がることができたかも?!(^^;)

韓国のミュージカルを2本見て思うことは、どういう作品であったとしても、役者の迫力がすごいということです。
歌はみんなバツグンにウマイし、パワーがあるんですよねぇ。
日本ではたまに、あれっ?という人がいるんですが(苦笑)。
演技も歌もすべてがオーバーすぎるくらいなのですが、それがパワーとなって押し寄せてくる感じです。
すごいぞ、韓国ミュージカル!!と今回も思いました。

スンウssiの歌、特に「見果てぬ夢」はステキでした〜。「ラ・マンチャの男」も力強くて聴かせてくれました。
彼の声、歌い方はとても聴きやすくていいです。声量もある。でも何と言っても、彼にはオーラがありますね。惹き付けるスター性があります。
カテコでは、最初からスタンディングオベーション。スンウssiは投げキスしながら堂々とした姿勢で、満足感が漂ってましたねぇ。。

やはり生の舞台はイイです!! 生のお姿、生の歌。生の笑顔....。ステキすぎて泣きそうでした〜(≧▽≦*)

パンフレット、CD、ストラップを買って、お友達になったお隣の席の方と外に出たら、その方が「待たないの?」と・・。
えっ?出待ちですか?・・・・。聞いたところ、20,30分くらいで車で出てくるよ、車の窓を開けて止まってくれて手を振ってくれるよ〜とのこと。時間もあったし、その方とお話しながら待つことになりました〜(^_^)v 20人くらいしかいなかったですが(^^;)
・・で、お見送りまでしてきた次第です。薄い大きめのサングラスにストライプのシャツにちょっと長めの髪のスンウssi。とてもステキな笑顔で手を振ってくれました〜かっこいい〜(≧▽≦*)

あぁ、行ってよかった。今日はCDを聞きまくりです。スンウssiの声、いいわ〜♪

<追記>
オーケストラについて覚え書き。
今公演では、オケピは舞台後ろ上にありました。カテコの時に舞台の後ろ側が一部オープンされて、見えました。そういうとこで演奏してたんだぁ、と。
それから、指揮者は若い(?!)女性でした!! いやぁ、ちょっとびっくりしたなぁ。
[PR]
by ville202hirocat | 2007-09-28 23:55 | ミュージカル