歌舞伎・ミュージカル好きなhirocatの「観劇記」。そして「日々の感激話」などなど
by ville202hirocat
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
日々の出来事
歌舞伎
ミュージカル
映画
韓国ドラマ
お気に入りくんたち
テレビ・本・舞台
Music

ネイル
ボーカル
スポーツ
ましゃ(福山雅治)
手作り(ビーズetc.)
グルメ
野球
義経
オリンピック
フォロー中のブログ
ええねん日記
クニャン カジャ~♪
夕暮れの匂いに空を見上げる
BARNES & NOBLE
ゆらくてぃぶな日々
イルカが愛を確かめにくる...
愛とは理由を言えないもの・・・
BOOZER FROM ...
mojojoのおくつろぎ
happy days
帰ってきた雑ぴん愚日記
あかね雲
H.déco
いつか会いたい!!!
げんきまんま
博多座十月『錦秋花形歌舞...
Link
綴り箱のかたすみに
韓ドラ日記
韓ドラのたまり場
雲のゆくえ
歌とか言葉とか
おいらかLIFE〜気分も新たに〜
ぼちぼち日記
Dance with Park Gun Hyung
みかん星人の幻覚
*芒果布甸日記*
Singin' in the Rain
ミュージカル観劇記録

歌舞伎美人
歌舞伎on the web
博多座
劇団四季
ましゃまろ出版社

<好きなもの>
歌舞伎
ミュージカル

福山雅治

片岡愛之助
市川海老蔵

大泉洋

CNBLUE
Rain
MBLAQ
パク・コニョン
チョ・スンウ
etc.

ボーカルレッスン
スポーツクラブ通い
韓国語のお勉強
以前の記事
2014年 08月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

【花形歌舞伎 新橋演舞場】夜の部

b0013005_23334870.jpg← 筋書。表紙が綺麗よね。20日販売分から舞台写真付きでした(*^_^*)

私の歌舞伎観劇歴の中で、昼夜ぶっ通しで観るというのはやったことがなく・・。
今回は初めての昼夜通し観劇、その上両方ともかぶりつきの席。
(おまけにその日は朝5時起きで福岡→東京移動・・)
はっきり言って、終演後はすごーーく疲れました(^^;)
かぶりつきって観る方も緊張するのよね。背筋を伸ばして観なきゃいけない雰囲気で、もちろん寝たりもできないし・・。視線が合いそうで、どこ観たらいいかわからない感じ・・(苦笑)

さて、夜の部のお楽しみはたっくさんです!!
菊之助さんの政岡に、海老蔵さんの仁木弾正、そして愛之助さんの八汐!!
きゃーーー!!愛之助さんがあの憎たらしい八汐をするのよ。ワクワクo(≧▽≦)o

ちなみに今年七月に観た仁左衛門さんの仁木弾正&八汐の感想はこちら



夜の部は、ちょい上手寄りのお席でした。
横は昼の部でも横に座ってらっしゃった方で...。声を掛けてみるとやはり愛之助さん贔屓(後援会)の方でした。
このかぶりつき席ってどうなんでしょ?いいの?悪いの?・・なんて言いつつも、先代萩で八汐(愛之助さん)も弾正(海老蔵さん)も目の前に座って・・o(≧▽≦)o
本当にごちそうさまでした!!(笑)

【伽羅先代萩】
<花水橋>
足利頼兼  亀三郎    絹川谷蔵  男女蔵

亀三郎さん、いいですよねー。声のよさばかりに気を取られてたけど柔らかみもあるのねぇ。・・っていうか太ったよね?!(笑)

<竹の間>
政岡  菊之助   
松島  吉弥      沖の井  門之助
八汐  愛之助

「竹の間」は初めて観ました。おもしろいじゃないですかー。女の戦いです。
政岡vs八汐だけじゃなく、子役ちゃんの鶴千代もしっかり八汐と戦っちゃいます。
八汐に早口になってびしっと言っちゃう鶴千代がおかしかった〜。

菊之助さんの政岡登場です!! 堂々としていて気迫がすごい!!
元々舞台映えするお顔(の大きさ(笑)だけど、いつもより迫力があったー。
そして、愛之助さんの八汐...。仁左衛門さんです。似てます。
憎たらしい〜。顔もコワイ〜。
でも、愛之助さんはイイ人だって知ってるからね(^_-) なんだか笑ってしまうところもあったりして・・(^^;)
目の前にコワイ顔して座られてましたので、じっくり拝見させていただきました(*^_^*)

<御殿>
政岡  菊之助    栄御前  右之助
松島  吉弥      沖の井  門之助
八汐  愛之助

今回も飯炊きの場面はありませんでした。よかった・・気絶せずにすんだ・・(爆)
でも、菊之助さんの飯炊きは観てみたかったです。あの所作は難しいんだろうなぁ。

藤十郎さんの政岡もよかったけれど、菊之助さんの政岡も熱演でした。
歳の頃も千松くらいの子供がいてちょうどいい母親くらいなので、とても生々しいというか。
藤十郎さんの時はジーンときて悲しかったけれど、菊之助さんはストレートに悲しさが伝わってきました〜(T_T)
「でかしゃった、でかしゃった・・・」の台詞は反則でしょ(T_T)ツライです。
このときばかりは、愛之助さん好きな私でも八汐に怒りが!!
八汐... 憎たらしいですよねー。千松の喉元をグリグリと...。
七月の仁左衛門さんはホントーに怖い顔で残酷でした。
・・で、愛之助さんですが、憎たらしくて冷酷なお顔なんですが、やはりお人柄を思ってしまってね(ダメやん、私・・)
私情を挟みすぎです(^^;)

<床下>
仁木弾正  海老蔵   荒獅子男之助  獅童

愛之助さんのお次は、海老蔵さん。
暗闇の中、スッポンから妖しい雰囲気で登場です。妖しいほどに美しい出です。
いや〜、海老蔵さん、おいしいところを持って行きますね〜(*^_^*)

<対決・刃傷>
細川勝元  松緑    
渡辺外記左衛門  男女蔵    渡辺民部  亀三郎    
山中鹿之助 宗之助    山名宗全  家橘
仁木弾正  海老蔵

前半は女の戦いでしたが、後半は男の戦いですね。勝元vs弾正。
この場面、海老蔵さんはずっと私の目の前にお座りになってました!!きゃー!!目ヂカラがすごすぎてコワイんですけどー。

ところで、<対決>はどーも面白くないです。弾正の海老蔵さんは目の前に座っているものの、受け身の演技なのでイマイチ。悪人っぽい雰囲気はあるんだけどねぇ。
反対に勝元(松緑さん)は台詞が流れるように出てきて弾正を追い詰めていくサマが出てよかったです。ちょっと軽い気はしたけど...仕方ないか。

そんでもって家橘さん(>_<) 勘弁してほしいです。台詞はカミカミで途中止まったよ。忘れたのか?もー、流れが台無しで最悪でした。
男女蔵さんはお父様がやるお役をされてましたね。あの歳(たしか私と同じ歳?)でじいさん役とは気の毒だわ。お父様にそっくりで、きっと歳を取られるごとにイイ味出す役者さんになられるんだろうなと思ったり。

前半の女の戦いと後半の男の戦い。女の戦いのほうがおもしろくって勝ちだな(勝負じゃないか・・笑)

おとなしくしていた海老蔵さんの見せ場はこれからなんです。
大詰<刃傷>では、凄まじい殺気が!!
目ヂカラは益々強くなり、見得も素晴らしいです。
殺しの場面なんだけど、美しいのよ。これぞ歌舞伎!!様式美ですね。
海老蔵さんは本当に美しい〜(*^_^*)

外記左衛門に討たれた弾正が、大の字のまま担がれていく引っ込み、いいですねー。
この場面を観るだけで、あ〜観て良かった・・と思わされます。

それにしても、ラストで深傷を負ってフラフラな外記左衛門に祝いの舞を舞えという勝元・・。そりゃないよーといつも思います(笑)

【龍虎】
龍  愛之助   虎  獅童

愛之助さんが出られるとはいえ、はっきり言って先代萩で終わってもよかったよ・・と思った(苦笑)
緊張する演目ばかりでフラフラだったんです。知恵熱でも出たかのような熱っぽさで・・。

頭にそれぞれ龍と虎の冠をかぶっての舞踊です。毛振りがあったり、衣装の引抜があったり、(途中で隈取りして、あっという間に元の白塗りになったけど、あれってお面よね?)見せ場はたくさんあったのですが、お二人が頑張っていたな・・って程度の感想しか・・。
ごめんなさーい(^^;)

でも、体調の面を差し引いても、この舞踊って、役者が頑張っている割には観客にはよさがあんまり伝わらないような気がしました。あっという間に終わった感じだしね。
重ね重ね、ごめんなさーい(^^;)


さて、初めての昼夜通し観劇は、正直疲れました。
でも、花形役者のそれぞれの初役姿を観られたことはとても幸運ですね。
そして今後、何度も観られるだろうと思うと本当にワクワクします。
愛之助さんの仁木弾正も、いつの日か観られますよね?!楽しみだな〜。
そうそう、福岡貢も。

今回の舞台写真は5枚購入しました。
海老蔵さんの福岡貢(血のりべったり)と仁木弾正。
愛之助さんの八汐。ギロリと怖い目をしたものと、喉元グリグリ〜のもの。私ったらホント悪趣味だな・・(笑)
そして、つい菊之助さんの政岡も買っちゃった。美しくて凛々しかったので・・。

b0013005_1917412.jpg次の日、歌舞伎座の売店だけ立ち寄ってきました。
舞台写真を入れるアルバム(・・正式名称は何ですか?)が買いたかったので。

来年1月から始まる歌舞伎座さよなら公演、絶対にいつか行きますよ!!
それにしても、来年1月の歌舞伎座の演目、すごいですねー。
普通、一緒に演じられるなんて考えられないような大作ばかりじゃないですか?
こんな感じでさよなら公演が続いていくんでしょうか?
何回も行きたくなっちゃいそうだな...(>_<)
[PR]
by ville202hirocat | 2008-11-25 23:37 | 歌舞伎